中華人民共和国内蒙古

カラマツ

特徴

カラマツ(Larix sibirica
マツ科カラマツ属の落葉針葉樹
乾燥に強く、成長が早い(30年間で約250kgのCO2を吸収)のが特徴です。深刻な干ばつに見舞われることの多い現地において、カラマツは植林に最も適した植物の1つです。

アンズ

特徴

アンズ(Prunus armeniaca
バラ科サクラ属の落葉小高木
寒さに強く、薄紅色のきれいな花を咲かせます。アンズの果肉はジャムやお酒、種は杏仁豆腐の原料として、高値で取引されます。現地のみなさんの収益には欠かせない植物です。

ニンティァオ

特徴

ニンティァオ(Caragana korshinskii
マメ科ムレスズメ属の落葉低木樹
マメ科の植物は、根に付いた根粒菌で空気中の窒素を固定し、栄養がたっぷり詰まった葉を落とすことで土壌を豊かにしてくれます。内モンゴルの在来種であるニンティァオは、綺麗な黄色の花でわたしたちを楽しませてくれるだけではなく、自然の土壌改良剤として、わたしたちの植林地の土を豊かにしてくれています。また、枝を適切に刈り取ることで、旺盛に成長する特徴も持つため、現地のみなさん の生活のための燃料として利用していただいています。

ボプラ

特徴

ポプラ(Populus sp.
ヤナギ科ヤマナラシ属の落葉広葉樹
寒さにも暑さにも強く、成長が早いのが特徴です。一方で、成長が早すぎるために、適切な管理を行うことが難しいことも特徴の1つです。弊社では、現地の状況を調査しながらポプラの適切な管理を行い、カラマツやアンズ、サリュウのための防風林をつくっています。

管理者

中華人民共和国政府

【写真】中華人民共和国政府と調印の様子

カーボンフリーコンサルティング株式会社(TreeStation運営会社)は、中華人民共和国と2008年から2047年までの40年間の植林地管理に関する包括的契約に調印しています。

本契約により、当該土地(烏蘭察布市旗下営(チーシャイン))における40年という長期に渡る、植林による温室効果ガスの吸収および植栽地周辺の環境改善(緑化・砂防・水質源の浄化など)を主たる目的とした事業が現地政府管理の下に成立することが可能となりました。

また、2012年には武川県(ブセン)においても同様の契約に調印し、植樹を行っています。

カーボンフリーコンサルティング植林事業部

植林地は、主に3人の専門スタッフたちによって管理されています。
責任者は、中国内蒙古クブチ砂漠にて15年間砂漠緑化事業に携わった実績のある原が務めています。
また、植林事業部チーフのチャオクウソンブル(モンゴル語、中国語、日本語に堪能)とスチンは、現地に常駐体制で植林地の管理を行っています。

【写真】原 鋭次郎

植林事業部統括ディレクター

原 鋭次郎
【写真】朝克 松布尓

植林事業部チーフ

朝克 松布尓
【写真】斯 琴

植林事業部

斯 琴

旗下営(チーシャイン)旧徳義村のみなさん

植林地のふもとの村のみなさんに、植樹のための穴掘り、水かけ作業、苗木の管理などを行ってもらっています。

【写真】旗下営(チーシャイン)旧徳義村の皆さん
【写真】旗下営(チーシャイン)旧徳義村の皆さん
【写真】旗下営(チーシャイン)旧徳義村の皆さん

見取り図

2016年8月現在、弊社の植林地には、400以上の個人・企業の皆様の約72,000本のカラマツが植えられています。植林地は、山の側面に位置しており、段々畑のようになっています。1つの段に対し、1つの区画を割り当て、きめ細やかな管理を行っています。

【写真】植林地の様子 見取り図 【写真】植林地の様子