このページの位置情報
  • TOP
    • カーボンオフセット
      • 排出権

カーボンオフセット

排出権

排出権の種類

カーボンオフセットや排出量取引に使用できる排出権は様々な種類があります。
目的や対象、納期、予算などをヒアリングの上、適切な排出権を適正価格でご案内いたします。

国内クレジット

国内クレジット
  • 日本国内の中小企業等が省エネ・再エネ等の導入により削減したCO2量に基づき創出される排出権
  • 経済産業省、環境省、農林水産省による「国内クレジット制度」に基づいて創出される
  • 経団連の自主行動計画の目標達成にも使用可能
  • 創出元は各産業の工場や施設、第一次産業や福祉等のサービス施設等、多岐に渡る
  • 地産地消などのわかりやすい環境貢献のストーリー性が作成しやすい
  • 他クレジットに比べ、廉価で取引が可能

→被災地復興支援型 カーボンオフセット

J-VER

J-VER
  • 日本国内の森林管理(間伐)やバイオマスエネルギーの活用により削減したCO2量に基づき創出される排出権
  • 環境省(気候変動対策認証センター)の基準に基づいて創出される
  • 創出元は各地方の森林組合や地方自治体、企業の管理する森などが多数を占める
  • 他クレジットに比べ、「森」というわかりやすさがあり、他者へ説明しやすい排出権
  • プロジェクト名称などが自由につけられるため、CO2削減以外のコベネフィット(注2)をアピールしやすい

植林

植林
  • VER(Voluntary Emission Reduction)と呼ばれる、制度に拘らず自主的に創出した排出権に分類される排出権(注3)
  • 森林の育成そのもので吸収されるCO2に基づき創出される
  • 一般消費者に向けてはもっともわかりやすいと言われている
  • 取り組みに比例して、視覚的な拡張性があるため、社内外にわかりやすい
  • コーズマーケティングに使用されることも多い
  • 価格は場所や品目により異なる

→植林地検索サイト「TreeStation」(法人のお客様向け)

グリーン電力証書

グリーン電力証書
  • 自然エネルギーにより創出された電気について、環境付加価値のみを電気と切り離し「証書」化したもの

→グリーン電力証書
→風力発電・クリーンエネルギー開発

京都クレジット

京都クレジット
  • 京都議定書により定義されたクリーン開発メカニズム (CDM)に基づき創出される排出権
  • 国連のCDM理事会の基準に基づいて創出される
  • 日本国が義務を達成するために利用できる
  • 経団連の自主行動計画の目標達成にも使用可能
  • 創出元は世界中にあり、風力発電や太陽光、バイオマス発電等様々な種類がある
  • 価格については、創出国や方法論により異なるが、全体的に数年前よりも下落傾向にある

注1:排出量、排出枠という言い方もありますが、本HPでは排出権で統一しております。
注2:コベネフィットとは、利益の相乗効果を指します。例えば森林の保全がCO2削減 と同時に生物多様性保全につながることを指します。

実績紹介はこちら
  • 会社概要
    • 会社概要
    • 代表からのご挨拶
    • スタッフ紹介
    • 沿革
  • 実績紹介
  • 採用情報
  • セミナー情報
  • 代表中西ブログ
  • スタッフブログ