このページの位置情報
  • TOP
    • 環境経営コンサルティング
      • 環境経営ビジョン策定

環境経営コンサルティング

環境経営ビジョン策定(TCFD、SBT等対応支援)

環境経営

【イラスト】環境経営

環境経営とは、気候変動や環境保全など環境に配慮した企業経営のことであり、企業の経営方針や企業活動全体に環境への視点を取り入れることが求められます。CFCでは、ESG経営、SDGs(持続可能な開発目標)を踏まえ、計画(Plan)、対応策の実施(Do)、検証・行動(Check、Action) のあらゆる段階の課題解決をワンストップでサポートします。

現状分析

企業活動の現状と課題を分析します。その際、企業が環境経営を行う目的を明確化します。また、企業活動によるGHG排出量の算定を行って現状を把握し、課題を分析します。
算定の詳細はこちら→

環境経営戦略策定

現状分析の結果を踏まえ、経営方針の一部となる環境戦略の策定を支援します。この環境戦略は目標や具体的削減計画から構成されます。TCFDやSBTなど国際イニシアティブへの対応も支援します。

GHG排出削減行動

策定した環境戦略に従い、GHG排出量を削減するための具体策を実施します。この具体策には、施設や設備の改修のような省エネ化、再生可能エネルギー調達などがあります。どうしても削減しきれない部分は、カーボン・クレジットや植林を通じてオフセット(相殺)します。

検証・改善

GHG排出削減行動を実施したら、その実施状況をモニタリングし、必要に応じて更なる改善策の策定や戦略の改定を行います。

ビジョン策定の流れ(例)

参考

TCFD:
市場参加者に対し、ビジネスに対する気候変動の財政的影響に対処するための提言を行う機関。
SBTイニシアティブ:
企業に対し、気候変動による気温上昇を産業革命前と比して1.5度に抑えるという国際的目標と整合した削減目標を設定するよう求めるイニシアティブ。
CDP:
企業に対して気候変動への戦略や具体的な温室効果ガスの排出量に関する開示を求めるプロジェクト。非営利団体CDPが企業に質問書を送付し、その回答に基づき企業をレイティングする。

  • 会社概要
    • 会社概要
    • 代表からのご挨拶
    • スタッフ紹介
    • 沿革
  • 実績紹介
  • 採用情報
  • 代表中西ブログ
  • スタッフブログ