砂煙りの向こうに

  • 2017年09月25日

アフリカでも中南米でも中東でも仕事をしてきた。

しかしパプアニューギニアはとても危ないと感じる。

それでもここではやれることが山積している。

砂煙りをあげて今日もその向こうに進んでいる。

 

 

停電

  • 2017年09月25日

朝から5キロほどランニング。

と言っても、パプアニューギニアは治安が良くないからジムのランニングマシンを使うしかない。

外を走れば快適だろう。しかし、身の安全を優先しなくてはならない。

ランニングマシンを時速10kmほどで走っていると突然の停電が発生した。

当然だがランニングマシンも急停止した。

 

これはとても危ない。

つんのめりそうになったがなんとか持ちこたえた。

外で走るよりも危ないじゃないか。

 

パプアニューギニアに向かう

  • 2017年09月24日

南米への移動に比べれば東南アジアの移動など楽なものだ。

6時間半。

あっという間に着く。時差も1時間。

近いのは楽だ。

しかしパプアニューギニアの治安の悪さは、アジアで最悪ではないか?

十分に気をつけなくてはならない。

不要不急の外出はしない。

そうはいっても明るいうちには出来うる限り回らなくてはならない。

暗くなったら、部屋からは出ない。腹が減ろうが安全優先だ。

飛び回る仕事だからこそ、安全には細心の注意を払っている。

 

次の任地

  • 2017年09月24日

南米から帰国すると時差ぼけの修正に時間がかかる。

最低でも数日、長ければ一週間以上かかる。

今回のように帰国後すぐに出発しなくてはならないと、時差ぼけを引きずったまま次の任地に向かわなくてはならない。

パプアニューギニア。ポートモレスビーに向かう。

治安は悪い。すでに先発隊が下準備を始めている。

 

 

 

iPhone8 Plus

  • 2017年09月23日

発売初日にiPhone8 Plusを手にいれた。

ミーハーではない。

今使っているiPhoneが壊れてしまったので買い換えなくてはならなかったからだ。

ケースはappleオリジナルのレザーにした。

これであれば薄いので、wireless charging が可能である。

防水なのは仕事柄ありがたい。

カメラの質も上がったようだ。

さて次の出張だ。

殆どとんぼ返りの状態だ。

 

アラスカ上空より

  • 2017年09月22日

サンパウロを出発して、トロント経由で帰国の途中。

現在アラスカの上空である。

駆け巡った今回の旅も終焉である。

 

ほぼ毎日以下のようなスケジュールで過ごした。

5時起床

6時半まで部屋で仕事

ジム

朝食

8時半出発

会合を5件程度

会食

1時間ほど部屋で資料整理

就寝

 

夜遊びはしない。

深酒はしない。

 

睡眠不足だったり、お腹を壊したり、風邪をひいたら業務に支障が出る。

それでも風邪の兆候が少しでも出たら、薬を飲んで早めに就寝する。

プロとして体調管理をきっちりと行う。

飲んだくれることなどいつでもできる。今ではない。余生でやれば良いのだ。

今は全力で仕事に集中したい。

 

帰国したらゆっくりと風呂に浸かり、体を伸ばしたい。

と言っても日本には2日しかいない。

トランクをしまうことはない。

次の旅が待っている。

 

Trontoへ

  • 2017年09月22日

ブラジルへの渡航は、アメリカ経由は人気がない。

中東、ヨーロッパ経由が多い。今回はトロント経由である。

初めてだ。

トロントは出入国の手続きが簡単である。

ブラジルとの時差も1時間なので体も楽である。